お知らせ
2024年06月26日
★再掲示★病院で高額になりそうでも「限度額適用認定証」 は不要です。

「限度額適用認定証」とは、病院等での支払いで本人負担が高額になる場合でも、所得に応じた限度額以上にならないように、医療機関や薬局に限度額を提示する認定証(紙)のことです。

マイナ保険証【注】で病院を受診すると、医療費が万が一高額になったとしても、高額療養費制度の適用を受けることができます(限度額適用認定証※が不要です)。

よくあるお問い合わせに、病院から「限度額適用認定証」を求められてご連絡いただきますが、「マイナ保険証なので、認定証は不要と言われています。」と伝えてください。

それでも「認定証が必要」と言われた場合は、健康保険組合にご連絡ください。

【注】「マイナ保険証」とは、マイナンバーカードを健康保険証を紐づけて利用するものです。紐づける方法はこちら

(参考)現在、ほぼ全ての医療機関等のシステムと健康保険組合のシステムが連携できます。マイナ保険証の確認端末では「限度額情報の提供」に同意してください。

不明な点は、東邦ガス健康保険組合までお問い合わせください。
お問い合わせ先:052-872-9336