健保からのお知らせ

2022/1/24

マイナンバーカードの健康保険証利用について

マイナンバーカードが健康保険証として利用できます。

一部の医療機関や薬局の窓口で、マイナンバーカード健康保険証として利用できます。
(現在の保険証が使えなくなるわけではありません。マイナンバーカードに保険証の機能を持たせる仕組みです。)
・マイナンバーカードで受診できるのは、カードリーダーが設置されている医療機関・薬局に限られます。
・健康保険証として利用できる医療機関には、「マイナ受付」のポスターやステッカーが掲示されています。
 
マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには申し込みが必要です。
・マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」をしてください。
・登録方法については「マイナポータル(下記の外部リンク)」をご参照ください。
 
マイナンバーカードを健康保険証として利用すると、どんないいことがあるの?
・就職や転職しても、保険証の切り替えを待たずにカードで受診できます。ただし、会社等への保険加入の届出は従来どおり必要です。
・本人が同意すれば、初めての医療機関等でも今までに使った薬剤情報や特定健診情報が医師等と共有できます。
・限度額適用認定証が無くても、高額療養費制度における限度額以上の支払いが免除されます。(健保組合への手続き不要)
 
【ご注意ください】
・2021年12月19日時点で、マイナンバーカードを保険証として利用できる施設は全体の10%以下の状況です。
・マイナンバーカードを保険証として持ち歩く際には、紛失に十分ご注意ください。
・東邦ガス健康保険組合は、当面の間、これまで通りに健康保険証を発行します。
 
<参考>
外部リンク:
☆マイナンバーカードの健康保険証利用に対応する医療機関はこちら
☆マイナポータルはこちら